YouTube News

「立花効果」はどこまで続く?

YouTubeが「立花効果」に沸いている。
炎上の神様、N国党の立花孝志氏が「話題にならない日はない」と言ってもよく、立花氏に関連する動画の再生回数が、軒並み上昇しているからだ。
この状況の中、多くのYouTuber達が立花氏に「あやかって」再生回数や登録者数を稼いでいる。
かつて、立花氏とシバター氏が対立し、訴訟問題に発展するかと思われた時期があった。この段階で、多くのYouTuber達は、
「立花氏には、かかわらない方がいい。訴えられる」と恐れ、立花氏関連の動画をアップすることを控える空気感があった。
しかしその後、立花氏が態度を軟化。ホリエモン氏をはじめとするYouTuberとのコラボが実現し、現在は、
「どうやら、立花氏関連の動画をアップしても大丈夫そうだ」というように雰囲気が変化してきている。現在は、ホリエモン氏、DaiGo氏、みずにゃん氏などが、立花氏を評価する動画をアップするようになり、立花氏はYouTube上での「地位」を確実に向上させている。
かつて、YouTube上で孤立感のあった立花氏だが、順調にYouTuberやリスナーを自分の勢力として取り込むことに成功している。

今回、立花氏は参議院議員を辞めて、埼玉県の参議院補欠選挙に出馬した。これまた大きな話題になっている。
この選挙の投票日は10月27日で、それまでは毎日のように、立花氏の動静がYouTubeはもちろん、マスコミを賑わすだろう。
選挙期間中は、これまで以上に「立花効果」が高まりそうで、立花氏関連の動画がYouTube上にあふれそうだ。
ただ、立花氏の言動は、正直かなり「危なっかしい」。これまでのところ大きな問題なく乗り切っているようだが、何か致命的な失態があれば、一気に「立花効果」がしぼむ可能性も考えられる。
今のところ、まだしばらくの間は、YouTubeは立花氏を中心に回りそうな勢いである。(取材・執筆:RadiOyazi=長谷川雅一)

■さっそくYouTubeで「演説」を開始

-YouTube News

Copyright© ラジオヤジのYouTube研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.