YouTube News

マナブ氏に対する「嫌儲バイアス」がヤバい?

「嫌儲(けんちょ)バイアス」という言葉がある。これはメンタリストのDaiGo氏も動画で解説しているが、要するに「人はお金を儲けている人を嫌ってしまう傾向がある」という話。
この言葉を聞いて、反射的に思い出すのは、「ネットビジネスで月商800万円だ、1,000万円だ」と、自身の収入を公開してはばからないYouTuber、マナブ氏だ。
彼は最近のツイートで、「YouTubeの収益が伸びている。もっと収益を上げるために、月に100万円程度はYouTubeに投資する」と述べている。どうやら「1,000万円超え」の収益を目指しているようだ。
ただ、人気が増すと同時に、稼いでいる金額が金額だけに、彼に対する「 嫌儲 (けんちょ) バイアス」も高まっていると思われる。
今後さらに「嫌儲バイアス」が高まってくると、もしかしたら、YouTubeのチャンネル登録者数の伸びにも悪影響が出てくるかもしれない。
ただ、一方で彼の場合、儲かっている=ビジネスの実績なので、月収の公開には彼自身の評価を上げる効果もある。このあたり微妙なところだ。
さて、「オレはカネ持ってるんだぞ」というアピールが最も強いYouTuberと言えば、ヒカキン氏かもしれない。先日も5,000万円の時計を購入したことが話題になっている。
しかし、ヒカキン氏の場合、笑顔にも日々の苦労が滲み出ており、その分「嫌儲バイアス」が弱まっている感がある。
「ヒカキンさんは苦労しているんだから、高いモノを買っても許される」という感覚がありそうだ。
対するマナブ氏には、あまり悲壮感がない。もちろん彼も苦労しているのだが、なんだか「幸せそう」なのである。
彼も、ヒカキン氏を見倣って、動画にもっと「苦労している感」を醸し出せば、彼に対する過度な「嫌儲バイアス(稼いでいることでリスナーに嫌われる現象)」を回避できるかもしれない。知らんけど (笑) 。(取材・執筆:RadiOyazi=長谷川雅一)

■彼の1日を紹介する動画

-YouTube News

Copyright© ラジオヤジのYouTube研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.